Home / 理窓会アルバム

理窓会アルバム

第3回 「坊っちゃん科学賞論文研究論文コンテスト」 発表会が開催されました 


クリック拡大
1.第3回 「坊っちゃん科学賞論文研究論文コンテスト」 表彰式記念写真
  


撮影メモ


第3回 「坊っちゃん科学賞論文研究論文コンテスト」 発表会 
  最優秀賞は 兵庫県立篠山東雲?校 に栄冠輝く !!                          

◇ 研究論文・発表会 2011.10.30 ・・・東京理科大学・神楽坂キャンパス ホームカミングデー内
今年は57点の研究論文、9/12(月)全体審査、9/21(水)審査中間結果発表。優秀賞5?校による発表会は全国からで、前日出発の大変な苦労もあった。昨年より応募数15点増、研究参加生徒数193人、ご指導44人となり研究内容と発表の深さが話題であった。 
秋山審査委員長以下12人の審査、会場には200人ほど中学生の顔まであふれんばかり。
研究テーマに迫る創意工夫、発表のオリジナリティがあり、白熱の質疑応答が続き確かな問題意識が見られた。甲乙つけがたい中でパワーボイントと時間内の発表量、及びプレゼンテーション構成の差異が審査結果に結びつけられる。
激戦を制した篠山東雲?校は、基礎研究をさらに発展させて実用化までの研究成果が認められた。また、意欲的な放射性降下物の取り組み、数学の証明なども話題であった。
科学する?校生の研究実践に教育指導の環境改善がより進み、今後への期待が感じられた。

◇ 表彰式  10.30(日) 12:40〜
表彰に先立ち本学学長・藤嶋昭先生から「科学する?校生へのメッセージ」、続いて
本学理事長兼山口東京理科大学長・塚本桓世先生、諏訪東京理科大学長・河田洋先生、さらにNHKのアナウンサー森本健成氏からのメッセージが披露され、?校生へのエールとなった。
参加?校生には「時代を変えた科学者の名言」(東京理科大学長藤嶋昭編著)が贈呈された。
最優秀賞は藤嶋昭学長、優秀賞は秋山仁審査委員長からそれぞれ授与。他の賞は児島紘理窓会副会長から授与された。
一人ひとり丁寧に授与され心のこもった授与で感動的だ、とは?校生の感想であった。藤嶋学長のお話、秋山審査委員長の講評と指導に感銘し、発表後に行われた指笛演奏者に拍手喝采であった。その後、秋山先生を囲み記念写真を撮影し、再会を誓い散会となった。
改めて、ご関係の方々に心から感謝するばかりです。                 (文責 水野澄)
2011 年 10 月 30 日 撮影: 管理者

理窓会アルバム一覧に戻る

ページトップへ